ペット可の部屋探しは時間をかけて行わないと厳しい!?共生住宅を狙おう

仕方なくペット可としている部屋に注意

ペットの飼育が可能な賃貸物件の数は、全体から見ると5%程度しかありません。地域によりペット可物件の割合は異なるので、住みたい市区町村を変更するだけでも、一気に候補に上がる部屋が増えるでしょう。築年数がある程度古くなり、大家が空室対策のためにペット可としている部屋については、ペット飼育に賛成している入居者ばかりとは限らず、騒音問題が発生しやすいので注意が必要です。最初からペット可とするために設計された部屋ならば、防音対策がしっかり行われていますが、空室対策としてペット飼育も許容するに至った部屋については、大家がペット飼育に対して理解しているとは限りません。他の部屋の住人から苦情が上げられてしまうと、転居を迫られることがある点に注意が必要です。

ペット共生住宅ならば住人同士の理解が深い

人気が高いペット共生住宅は、最初からペット用の足洗い場が用意されているなど、設備面が充実しています。大家自らがペットを飼育していたり、ブリーダー業を営んでいることがあるので、大家と会う機会があれば信頼関係を築きやすいでしょう。防音対策についても、建物を設計する段階でペット飼育を前提とした対策が施されており、退去時の壁紙についても見切り部分を設けているので安心して退去時の費用を抑えることが出来ます。飼育可能なペットの種類が犬のみであれば、退去時清算金が少な目となり、猫については内壁への爪とぎ被害が多く出るので高めに設定されていることが多いです。飼育しているペットの種類に合わせて部屋を選ぶと、費用を節約しながら部屋探しが出来ます。

北斗市の賃貸は、バス通りにあるコーポの賃貸もあるので、車を所持していない人にも好都合な賃貸が多いです。