売上アップに直結する?最高の店舗デザインを実現しよう

まずはお店のコンセプトを決めよう

店舗デザインを考えるときには、まずはお店のコンセプトを決めなければいけません。そのお店が最終的に何を実現したいのか分からなければ、デザインが決まらないのは当然のことです。あくまでも店舗デザインは、そのお店の最終目標を達成する手助けでしかないからです。女の子に人気を出したいなら、ガーリーなデザインやカラフルでポップなデザインにするといいでしょう。質実剛健さが売りなら、シンプルな内装にした方がいい場合もあります。何をしたいかによって、内装デザインは変わってくるので、まずはコンセプトを一つに絞ることが重要です。コンセプトが決まれば、自ずからデザインの方向性は見えてくることでしょう。

コンセプトが決まったらデザイナーを雇う

コンセプトが決まったら、そのコンセプトをデザイナーに伝えて、具体的なデザインを決めてもらいます。素人がデザインを決めても、いい結果には結びつきにくいです。色の基礎も分かっていなければ、配色のセンスも高くはないからです。デザイナーさんに頼んでも、自分の意見は伝えることができますし、納得がいくまでやり直してもらうこともできます。ですから、プロのデザイナーさんを雇うのが基本線ですね。

内装に合った椅子やテーブルを揃える

内装が決まったら、それに合う椅子やテーブルも見つけてこなければいけません。小物まできちんと統一感が出るように揃えなければ、せっかくの内装も台無しになってしまいます。内装がただの背景になってしまわないように、あらゆるものに統一感を出していくようにするといいでしょう。コンセプトが決まっていると、小物探しも簡単にできるはずです。

店舗デザインをするならプロにお任せするのが良いです。希望やこだわりを盛り込みつつ、オシャレでセンスの良いデザインをしてもらえます。