賃貸物件の効率的な探し方にはどういう方法があるか

探し方についての昔と今について

過去においては物件探しでは不動産業者の店舗の張り紙を見て回ったり、駅前や書店のマガジンスタンドの情報誌を頼りに探したこともありました。しかし紙面では情報量も限られ、しかもタイムリーなものではないので先に決まってしまうということも起こるものでした。

インターネットを利用できるようになると

インターネットが利用できるようになると不動産のポータルサイトに物件情報が掲載され、内容も更新されるようになりましたので情報も最新のものを入手できるようになりました。サイトからはアパート、マンション、一戸建てなどの種別やエリア別、鉄道路線駅や地図、通勤や通学時間、家賃相場などから探すことができるようになりました。

目的に応じて優先順位をつけて探すことも大切です

賃貸物件を借りるにはそれぞれに目的があり優先させたいこともそれぞれ違います。予算は高望みせず毎月の手取り収入の3割以内に留めるようにするのが無難です。構造はアパートの場合は木造か軽量鉄骨造の2階建て、マンションの場合はRC造で上は超高層の物件まであります。家族で借りる場合には一戸建ての物件は需要も多く間取もある程度融通が利くとされます。

条件を付けてネットから探すと早く見つかるものです

学生などでは学生専用の物件であれば問題も起きにくいものですし、楽器を弾くことが多い場合は防音室になった物件が安心できます。ペットと暮らしたい場合は可能な物件も見つけることが出来ますし、エアコンや駐車場付きといった物件も簡単に見つけることができ、敷金や礼金、仲介手数料が不要とかの物件も見つかる可能性もあります。

自分の足で実際に歩いてみることも大切です

物件探しはサイトでは簡単に行えますが、実際に借りるとなると即決はせず、曜日や時間帯を変えて自分の足で歩いて見ることも大切です。利便施設や防犯性、交通量や嫌悪施設などの有無などが分かります。

琴似は、大規模マンションが建設され商業施設も増えています。市街地には住宅地も多く、賃貸物件も多いことから琴似の賃貸マンションは住環境が良いことでも知られています。