詳しく知りたい!様々な店舗デザインの方向性

店舗の居抜き物件は得なのか

店舗の内装にかかる工事費用は、業種によって変わってきます。店舗といっても飲食店やエステサロン、歯科医院など様々で、設備が残っている居抜きであれば費用は安くなります。全くのスケルトン物件より、厨房設備や椅子、机などがそのまま使える居抜き物件の方が費用を節約できますが、業種が異なるといくら設備が残されていても使い物になりません。また同じ飲食店でも、和食とイタリアンでは厨房設備が異なります。しかも居抜きでは内装デザインを変更できないというデメリットがあります。そのため予算があるならスケルトン物件を借りた方が、自分の好きなデザインにできます。一方、居抜き物件で開店すると、前にその店を利用していた顧客を引き継ぐことができるというメリットもあります。

店舗デザインで必要なこと

どのような業種であっても、店舗デザインに必要なのは顧客にとっての快適度です。まず一番にお客目線で快適な店舗でなければ、開店後に集客することが難しくなります。自分の好きなデザインで店舗を作りたいと考えるオーナーは多いですが、顧客のことを考えなければ成功しません。その上で、自分のお店にしかないこだわりを追及することが、自分のブランド持つことに繋がります。さらにお客の動きを考えた内装が重要です。たとえ広い通路をデザインしても、隣のテーブルとの距離が近すぎると窮屈な印象を与えてしまいます。このような空間認識を動作空間と呼びますが、お客目線の動作空間を生み出すことが、店舗デザインでは重要となります。

住宅や事業所の内装デザインで明るい雰囲気を出すためには配色を暖色系にするのが効果的です。また、明度が高い照明を併用することでデザインの長所を引き出すことが出来ます。