賃貸物件は選択肢が多いほど良いとは限らない!?

信頼できる不動産屋探しは難しい

賃貸ルームを借りようと思った時に行なうのは、住みたい地域の不動産屋を訪れてみることでしょう。多くは駅前に建ち並ぶ大手チェーン店から適当に目星を付けて訪問し、希望条件に近い部屋を紹介してもらう方法が一般的です。しかし、希望条件にピッタリの部屋が案内されたことが無いことに気がついている人がどのくらいいるでしょうか。自分で希望した部屋が必ずしも案内されるわけではなく、不動産屋にとって都合が良い部屋が優先的に案内されるケースが多いと知った上で利用することが賢い方法です。なぜなら、飛び込みで不動産屋へ出向いた時に最初に案内される部屋は、大家が不動産屋に対して払う成約手数料を広告費という名目で多く出している部屋という事情があります。

優良物件は特定の不動産屋に集中している

優良物件と呼ばれる賃貸ルームは、一度入居すると何度か更新されてなかなか空きが出ない部屋を指します。周辺相場より安いだけでなく、住みやすい環境と更新に際して費用が少なく済む特徴があるので、回転率が極めて悪い部屋です。大家の立場からは常に満室状態となっているので、経営は安定しますが不動産屋にとっては契約が成立しないのでさほど儲けが出ない傾向にあります。多くの場合で、管理も不動産屋が依頼を受けていることで、実質的な利益を生み出す構造をしていることになり、大家と不動産屋だけでなく入居者にとっても良い環境です。優良物件は専任媒介契約物件が多いので、地元の不動産屋が多く抱えていて、空室が出たら入りたいという入居希望者による待ちが発生しているくらいです。

永山の賃貸は、セキュリティが充実している物件も多いので、より安心して日常生活を送りたい場合に最適です。