別荘を持ちたい方必見!人気のエリアとその特徴。

ビーチと温泉のハイブリッド【沖縄本島・宮古島】

1年を通じて暖かい、日本有数のリゾートエリア。本州の別荘地と比べると移動距離はあるものの、最近では航空券が安く手に入るようになったこともあり、非常に人気が高まっています。観光にも人気のエリアなので、自分たちが使用しない時には貸し出しやすいというのも大きな魅力です。また、別荘を選ぶ上で「温泉がある」というポイントを重要視される方も多いと思いますが、宮古島には日本最南端の温泉があり、ビーチリゾートと温泉どちらも楽しむことができます。

都会派の人も快適に過ごせる【軽井沢】

別荘といえば軽井沢、というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。避暑地としての人気も高いですが、魅力はやはり周辺施設の充実です。ゴルフ場や、乗馬施設などのアクテビティはもちろんのこと、アウトレットモールやショッピングエリアも充実しています。別荘地としての歴史が長い分、ラグジュアリーなホテルやレストランも多いエリアなので、自然も良いけど便利で快適なのが一番!というような都会派の方にも人気の別荘地です。

グルメ好きにはたまらない【伊豆・熱海】

温泉地でありながら、ビーチリゾートとしての魅力も味わえるので、別荘地としてはもう十分。その上、何と言っても新鮮な海の幸が豊富で、美味しい飲食店が充実しています。とれたてのお刺身をたっぷり使ったお寿司や海鮮丼だけでなく、老舗の洋食店からリゾート感たっぷりのカフェまで。また、釣りのできるスポットも多いため、釣った魚を持って帰り、さばいて食べる、というキッチンのある別荘ならではの楽しみ方もできます。食に重きをおくグルメな方から熱い指示を得ているエリアです。

新築の別荘はかなり建築総額が高くなるものです。しかし、過疎傾向地域などでは中古の別荘が相当安く買えるので、購入者の残りの寿命や1年のうちで別荘で過ごせる日数を考えると、中古がお得な場合が多々あります。